ビジネス用の携帯電話は購入とレンタルどっちがおすすめ?

無駄なコストをカット!ビジネス携帯のススメ

ビジネス用携帯の用途と普及率は?

私達が行う携帯電話の契約と言えば企業で毎月の契約する、いわば購入に近い物があります。一度契約をすれば、解約をするまでは使う事が出来るのが一般的です。 この購入契約の場合は、どの様なメリット・デメリットが考えられるのでしょうか。法人の場合にピックアップして紹介しています。

レンタル携帯のメリット・デメリットについて

近年ではモノは購入では無く、シェアやレンタルをするサービスが増えています。気軽に手が出せる反面、サービス内容をしっかりと把握しておかなければトラブルになってしまうケースもあります。 ビジネス携帯のレンタルのメリット・デメリットを紹介しています。

契約時の注意点と流れを知る

一人によって向き不向きがある様に、購入・レンタルも一長一短です。これらの契約をするにあたっての流れや、注意点を知ればより自社に合った契約が出来ます。 一般的な契約の流れや、契約時の注意点を公開していますので、導入検討している方は参考にしてみて下さい。

業務用携帯購入のメリット・デメリット

アナタは勤めている会社では、携帯電話を使って外部のお客様と取引や連絡を取り合ったりする事はありますか?業種によっても異なりますが、多くの企業でそのやりとりが行われています。
その連絡を取り合う手段は、主に携帯電話になっているケースが多く中には個人用携帯でお客様とやりとりをしている事もあります。それは大変危険ですし、当人としても面白い話ではありません。
携帯電話の普及率は180%を超えていて、1人で複数台所持しているのも珍しくありません。近年は業務用、個人用と分けて使うのが一般的であり、且つ会社側が業務用携帯として渡してくれるのがほとんどです。
しかしこの場合、法人契約をしているだけで、プランは個人と同じでしょうか?法人プランを提供している企業はいくつかあり、個人契約を複数するよりも通話料金のコスト減、個人情報漏えい防止、経理処理のしやすさが挙げられます。携帯電話では無く、スマートフォンだと更にビジネスの幅が広がり、アプリやツールを使ってビジネスの共有が出来るメリットもあります。常に会社にいるのではなくクライアントとの打ち合わせを多くこなす営業にとってビジネス用携帯はもはや必須のアイテムです。
しかしこのビジネス用携帯ですが購入、レンタルと複数の契約方法があると知っていますか?ここではそれぞれの契約の概要とメリット・デメリットを公開していますので、これから導入検討されている方、プランを見直したい方には役立つ情報です。