>

契約時の注意点と流れを知る

購入・レンタルの契約の流れ

購入・レンタル問わずそれぞれの流れを知れば、より自分に合ったプランを見つける判断材料になります。どちらも似た様なものですが、まず契約希望の企業へ連絡を行い購入・レンタルどちらを希望しているか伝えます。すでにプランも決まっているのならこの時に一緒に伝えるとスムーズです。
またすでに携帯端末を用意している場合は、伝えた上でSIMカードの契約のみで問題ありません。
担当者からプラン説明があり、問題が無ければ契約です。地域にもよりますが郵送の場合は10日前後で端末が送られてくるので、セットアップして完了です。
解約する際も同じ様に企業へ連絡し、購入の場合は解約の旨を伝えるだけでOKです。レンタルの場合は企業が提案する返却方法に則って端末を返却します。

それぞれの注意点を見極める!

自分に合ったプランが分からない、または適当に決めてしまおう!そんな軽い考え方ではトラブルを招く元になります。購入の場合はその端末が、本当にそれだけの価値があるのかをしっかりと見極めましょう。
また自社が携帯電話を契約する目的は何ですか?通話、ネットどちらも必要でしょうか?業務用携帯ですので無駄なコストをカットする為、目的をハッキリさせる必要がありまる。またレンタルの場合、携帯端末は郵送になりますが、到着までの日数は問題ないでしょうか?緊急時に携帯電話が必要になってしまうケースもあるので、到着までの間に別途ライフラインを用意しておく必要があります。
ネットでの契約は便利な反面、質の良くない企業もあるので契約前に契約企業の情報を確認するとベストです。


この記事をシェアする